缶コーヒー代を節約する方法

2017年7月21日

未分類

缶コーヒー代を節約する方法 はコメントを受け付けていません。


缶コーヒーが好きな人は多いと思います。

みなさん、缶コーヒーはどこで購入していますか?

ひょっとして何のためらいもなくコンビニや自動販売機で定価の缶コーヒーをその都度買っていますか?

1本130円程度の話ですが、毎日のこととなると大変な金額になってきます。

私は最近近所のドラッグストアのPB(プライベートブランド)の1本32円のコーヒーをケースで購入して家に常備しています。

製造メーカーはたしかにあまり聞き慣れないところです。

味ももちろん有名メーカーのほうがおいしいですが、値段ほど不味くもないといった感じがします。

私の場合はそこまで缶コーヒーに味を求めていないのでこれで十分です。

そしていつも仕事や外出の際は1本カバンに入れて途中で飲むようにしています。

夏はほんとは冷えたコーヒーのほうがいいのですが、常温でも飲めないことはないですし、むしろ常温のほうが体にいいと思っています。

どうしてもという場合は、仕事場だと冷蔵庫があるのでそこに入れておけば冷えたコーヒーを楽しむことができます。

最近は本当に衝動的にコーヒーを自販機やコンビニで買うことは少なくなりました。

もし有名メーカーのものが飲みたくなったら、スーパーマーケットで買います。

1缶当たり30円から50円違ってきます。

日本にこれだけ自動販売機が多いのはもちろん治安がいいからという理由もありますが、なにより飲料メーカーが定価で販売でき大きな荒利益を得ることができるからとネットの記事で読みました。

飲料メーカーはいまだに自動販売機の設置に力を入れているのは、こういった背景があるそうです。

どうしても大手メーカーの味でなければダメだという場合は別ですが、そうでなければドラッグストアなどのPBを選んだほうが大幅に缶コーヒー代を節約できると思います。